円高・円安

例えば、1ドル=100円だったものが、1ドル=120円になれば円安、1ドル=80円になれば円高です。

1ドル100円だったときは100円で1ドルが買えたのに、1ドル120円になったら、今度は120円出さないと買えないわけですから、ドルの価値が上がったということです。 ドルの価値が上がったということは、逆に言えば円の価値が下がったということですから、円安というわけです。

同様に、1ドル80円になれば、今までは100円を出さないと1ドルが買えなかったのに80円で買えるわけですから、ドルの価値が下がり円の価値が上がったということです。つまり、この場合は円高です。

これをドルの側から見れば、円安のときはドル高、円高のときはドル安です。


 空売り・ショート・ロングとは?







このエントリーをはてなブックマークに追加


 FXの基本 FXのやり方・手法・勝ち方

> FXとは? > FXのリスク/大損
> FXの仕組み/FXで借金になるのか? > 円高・円安とは?
> FXで借金になる場合 > 空売り・ショート・ロングとは?
> FXのレバレッジとは? > FXのスワップ金利(スワップポイント)とは?
> マージンコール(追証)・ロスカットとは? > Pips(ピプス)・スプレッドとは?

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2015 Office Jin. All Rights Reserved.