FXはチャート分析 〜売買の判断はチャートを見る〜

株や為替の相場の世界には、チャートというものがあります。過去の値動きをグラフで表したものです。

ローソク足チャート、ラインチャート、ティックチャート、平均足チャートなど、色々なものがありますが、 もっとも代表的なものはローソク足チャートです。

これらチャートがどのようなものかは、ここでは説明を省略しますが、各FX会社で色々なチャートソフトを提供していますので、見ることができます。 また、無料のチャートソフトもあり、代表的なものに「メタトレーダー(MT4)」というものがあります。

そして、基本的にFXの売買のタイミングは、このチャートを見て判断します。チャートには、1分おきに更新されるチャートやリアルタイム(生)で更新されるチャート等がありますが、 デイトレードの場合ならリアルタイムで動くチャートソフトを利用します。

ところで、株をやられている方はご存知かと思いますが、株には板情報というものがあります。株のデイトレーダーの中には、チャートを見ずにこの板情報だけを見て売買する者もいるようです。 しかし、FXには株のような板情報はありません。もちろん、売値と買値の表示は出ていますが、それ以外の判断材料は、原則としてチャートだけです。

ですから、多くの人がFXで勝つために何を研究しているかと言ったら、このチャートの見方、チャート分析なのです。

FXのブログを見ると、チャートの解説をしている方が多くいますよね。本に書いてあることの受け売りだったり、自己流の解釈で解説している方もいます。でも、果たして彼らの解説が正しいのかどうか、それは全くわかりません。それぐらいチャートの世界は奥が深いと思います。

みなさんもFXで勝ちたいと思ったら、このチャートの分析から逃げることはできません。とにかくチャートを見る。チャートに慣れる。それがFXで勝つ方法です。


 FXの注文の出し方







このエントリーをはてなブックマークに追加


 FXの始め方 FXのやり方・手法・勝ち方

> FXの始め方/FX口座の開設から
> FXはチャート分析/売買の判断はチャートを見る
> FXの注文の出し方/成行・指値・スリッページ
> まずはデモ口座(デモ取引)でFXの練習

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2015 Office Jin. All Rights Reserved.