FXに必勝法はあるのか?

FXで勝つためには、何が重要なのか?

この問いに対する答えは、人によって様々です。手法が一番重要だという人もいれば、メンタルが一番だという人もいます。手法、メンタル、売買ルール、売買テクニック、資金管理、経験、相場観・・・・と、人によって色々な答えが出てきます。

もちろん、どれもFXにとって重要です。しかし、筆者は、FXで勝つために最も重要なものは、やはり手法だと考えます。手法もわからず闇雲にやっても勝てないからです。

しかし、現実問題として、手法を見抜いたとしても勝てません。だから、手法よりも売買ルールやメンタル、資金管理といった面が重視されることになるのです。

実は、手法と売買ルール、メンタル等との間には、次のような関係があるのです。

手法の完成度が低いと、その弱点を補うために、売買ルールやテクニック、メンタルに対する要求度が高くなり、手法の完成度が高いと、それらに対する要求度は低くなります。 完成度の低いアバウトな手法である場合、その人が勝ち上がるためには、より高度な売買ルール、テクニックが必要であり、強いメンタルも求められるのです。

つまり、手法が悪い場合、高度な売買ルールやテクニックを構築できなければ、いつになっても勝てないのです。

もちろん、売買ルールやテクニック、メンタルがしっかりしていれば勝てますから、完成度の低いアバウトな手法であっても勝っている人はいます。 ただ、そういう手法を教えてもらっても、人によって勝ったり負けたりです。カリスマトレーダーは勝てても他の人は勝てないでしょう。

それでは、完成度の高い手法とはどういうものなのか? FXに必勝法はあるのか?

確かに勝ちやすい手法はあります。勝率の高い手法はあります。でも、残念ながら必勝法はありません。 そして、多くの手法は、恐らくカリスマトレーダーの手法ですら、その完成度は低いものばかりです。

自分のお気に入りの手法でなかなか勝てないとき、その原因は次の2つのどちらかです。

1.売買ルール、売買テクニックが構築されていない
2.手法の完成度が低い

しかしまた、相場に絶対はありません。必ずこうなるというものがない以上、FXに必勝法というのはないのです。 ですから、どんなに手法の完成度を上げて行っても、売買ルール、テクニック、メンタル、相場観といったものはやはり必要であり、最終的には個人の力で勝つことに変わりありません。

もし、必勝法を手に入れたとしても、+5pipsで利食いをする人と+20pipsで利食いをする人がいます。−5pipsで損切りする人と−20pipsで損切りする人がいます。 結局、同じことをやっても勝てる人と勝てない人に分かれるのです。

筆者は、FXで最も重要なものは手法であると考えますが、究極的には「うまいか下手か」、その人自身の問題であり、FXはスポーツと似ているものだと感じています。


 FXは手法で勝つものではない 〜ルール・テクニック〜







このエントリーをはてなブックマークに追加


 FXの勝ち方 FX初心者講座

> テクニカルかファンダメンタルズか
> デイトレードかスイングトレードか
> スキャルピングとは?
> 順張りか逆張りか
> なぜ、利小損大になるのか?/コツコツドカンから利大損小を目指して
> FXに必勝法はあるのか?
> FXは手法で勝つものではない/売買ルール・テクニック

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2014 Office Jin. All Rights Reserved.