いんちきカリスマトレーダー

FX業界には、怪しげな連中や怪しげな商売がたくさんあります。

カリスマトレーダーにも本物と偽者がいます。本当に儲けてる人もいますが、儲けてるふりをして商売をする似非カリスマトレーダーもいます。

彼らの手口は仕込みから始まります。まず、ブログや掲示板で自分が儲かっていることをさり気なく宣伝します。毎日、毎日、勝っている様子をブログに公開します。 そうすると、たくさんの読者がつきます。そして、似非カリスマトレーダーは、やたらと親切に読者に応対して、人々の心をぐっと自分に引き付けます。

そうやって半年から1年の仕込みが終わる頃、タイミング良く雑誌に登場します。雑誌社がブログに注目して取材を申し込んでくる場合もありますが、ある者は自ら雑誌社に売り込んで雑誌に掲載されます。

この雑誌への登場こそ、似非カリスマトレーダーが目指していたところなのです。そして、雑誌の宣伝効果により大量の集客を果たした後、 満を持して商売を始めます。多くは、CD−ROMの販売だったりセミナーの開催などです。

彼らの目的は、最初から商売をして金を儲けることだったのですが、彼らは、本当に何も儲けられないペテン師だったのでしょうか?

確かに、完璧な詐欺師もいます。本屋から株やFXの本を数冊買ってきて読破し、あとはその知識だけでカリスマトレーダーを装い、FX必勝法のCD−ROM等を製作して販売する者もいます。 しかし、筆者の分析によれば、彼らは、一応、それなりにFXで儲けることができるという人も多いのです。では、なぜ商売なんかするのでしょうか?

それは、商売して金を儲けた方が楽だからです。それに、その人が、仮にFXで月に30万や50万儲ける力があったとしても、商売すれば月に100万稼げるとしたら、誰でも商売を選ぶでしょう。もちろん、何億円も稼いだ人は商売する必要もありませんし、そんな人は商売しません。 ですから、商売するのは、FXで全く儲けていないか、あるいは中途半端に儲けている人達だと考えられます。

ところで、世間では、儲けた金額の大きさでカリスマかどうかを判断する傾向にありますが、一発屋が偶然のまぐれで大儲けする場合もありますから、金額の多さだけで信用するのは良くありません。 一発屋を信じて教材を買っても全く役に立たないでしょう。


 いんちきFX詐欺ブログ







このエントリーをはてなブックマークに追加


 FXを始める前の心構え FXのやり方・手法・勝ち方

> FXは儲かるのか?/勝っている人は1割〜2割
> 貧乏人はFXをやるな/成功者に見る心理的優位性
> 仕事あってのFX
> 普通の主婦や平凡な学生は勝てません
> いんちきカリスマトレーダー
> いんちきFX詐欺ブログ
> FX初心者は小さい金額(Lot)から始めよう

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2014 Office Jin. All Rights Reserved.