色々なFXの手法から勝ち組と負け組の違いを探る

株やFXの勝ち方と言っても世の中には色々な手法があります。

テクニカル手法で見れば、ローソク足、移動平均線、トレンドライン、一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACD、RSI等、テクニカル指標の数だけ手法はあります。

もちろん、それらを全部勉強する必要はないし、全部を使いこなす必要もありません。しかし、知らなければいけないことがあります。株やFXというのは、知っている人が勝ち、知らない人が負ける。 気づいた人が勝ち、気づかない人が負ける。騙した人が勝ち、騙された人が負ける。そんな世界なのです。

勝ち組と負け組の違いは何なのか。次のチャートを見ながら検討してみましょう。


(ドル円/5分足チャート、青色25本MA、黄色75本MA)


移動平均線の手法 (グランビルの法則)

このチャートには、移動平均線が2本表示されています。青色が25本線、黄色が75本線です。

この移動平均線に着目すれば、「グランビルの法則」が当てはまる場所がいくつかあります。

グランビルの法則とは、ローソク足が移動平均線から離れれば(移動平均線からのかい離が大きくなれば)、今度は移動平均線に向かって動き出し(移動平均線に収束し)、 一方、移動平均線に接近すれば、今度は移動平均線で反発して移動平均線から離れて行く。また、ローソク足が移動平均線を突き抜ければ、今度は今までとは逆の方向に動いて行くというものです。

次のチャートで確認してください。まず、青色の線(25本)を中心に見てください。赤い矢印が移動平均線から離れたもの、黄色い矢印が移動平均線に接近したものです。移動平均線から離れたものは移動平均線に向かって行き、移動平均線に接近したものは移動平均線から離れて行きます。


(ドル円/5分足チャート、青色25本MA、黄色75本MA)


次に、ローソク足が移動平均線を突き抜ければ、今度は今までとは逆の方向に動いて行くというケースを見てみましょう。次のチャートの○で囲った部分です。


(ドル円/5分足チャート、青色25本MA、黄色75本MA)


赤い丸で囲ったローソク足は、青色の25本線を下に突き抜けました。それを境に、赤い矢印と黄色い矢印の向きが逆になります。それまで青色の25本線に沿って上昇トレンドだったものが、下降トレンドに転換した瞬間です。青色の25本線(黄色い矢印の位置)は、押し目買いポイントから戻り売りポイントに変化しました。

さらに、今度は同じことを黄色い線(75本)を中心に見てみましょう。

緑の矢印が移動平均線から離れたもの、青い矢印が移動平均線に接近したものです。25本線の時と同じように75本線から離れたものは75本線に向かって行き、75本線に接近したものは75本線から離れて行きます。

また、赤い丸印で囲ったローソク足が、青色の25本線を突き抜けたように、緑色の丸印で囲ったローソク足が、黄色の75本線を突き抜けて、上下の方向が逆になりました。(5分足における75本線は、15分足の25本線に相当します。15分足で見れば一本の陰線で25本線を突き抜けています。)

ここまで読んでおわかりになったように、移動平均線を使った手法の一つにグランビルの法則があります。移動平均線からの乖離が大きくなったら逆張りで入り、移動平均線に接近したら押し目買い、戻り売りの順張りで入る。また、ローソク足が移動平均線を突き抜けたらトレンド転換と判断して、その方向について行くというものです。 さらに、バリエーションを加えれば、移動平均線の傾き具合を見たり、移動平均線の交差(ゴールデンクロス・デッドクロス)を見たりもします。また、例えば、移動平均線乖離の逆張りが失敗した場合には、ナンピンで対応する手法(倍ナンピン等)があります。


もちろん、全ての局面でグランビルの法則が成功するわけではありません。しかし、単純にこのことを知っているか知らないか、それだけで既に勝ち組と負け組の差はついているのです。


 トレンドラインの手法







このエントリーをはてなブックマークに追加


 手法や勝ち方に関する考察 FX初心者講座

> 手法はいろいろ 1/急落時の逆張りスキャルピング手法を例に
> 手法はいろいろ 2
> ローソク足分析に見る手法の本質
> なぜ、あなたは勝てないのか?/株やFXで勝つためのヒントと相場格言
> 勝ち組と負け組の違いを探る 1/移動平均線の手法(グランビルの法則)
> 勝ち組と負け組の違いを探る 2/トレンドラインの手法(ダウ理論)

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2014 Office Jin. All Rights Reserved.