ズッコケFX教室 4

分割注文編

先生: それじゃあ、今日もFXの勉強を始めましょう。とりあえず、A君のトレードでも見せてもらおうかな。

A君: あ〜、また失敗しちゃったよ〜。何で俺が買うと下がるのかな〜。

B君: A君、下手糞なのにロットが大きすぎるんじゃない?A君の実力で10枚は多すぎると思うんだけどな〜。そんな枚数でやってたら、またバイト代が消えちゃうよ。(笑)
FX初心者は小さい金額から始めよう」を読まなかったのかな?

A君: B君に下手糞って言われるとは思わなかったよ。そういうB君は1枚でやってるけど、B君の実力ならデモトレードにするべきだよ。1枚でも多すぎ。

B君: もう、いつもいつも。ぷんぷん(怒)

先生: そうだね。B君の言うように、A君は種銭(証拠金)の大きさに比べて枚数が多すぎると思うよ。やはり、種銭に対して余裕のある枚数でやらないとね。なぜかって言うと、今回みたいに失敗したときに、ナンピンする玉を何発も持っていた方が有利だからね。

ここが底だと思って買っても、実はまだまだ底があるもんだよ。そんなとき、本当の大底に後から気がついて、今、ここで注文を出したいと思っても、玉切れで注文を出せなかったら悔しいでしょ。同じ値段で同じように買った人どうしでも、玉切れの人は損切りするか、含み損に耐えてお祈りするしかないけど、資金に余裕のある人は、失敗してるのに、ナンピンして勝てちゃったりするんだよ。 こういうときは、お金のある人が有利なんだよね。だから、そういうバランスを考えて、自分の枚数を決めないといけないよ。

それから、分割して注文を出すというのも一つのテクニックなんだよ。ここで買ったら絶対にそこより下には下がらないっていう自信があるなら、一度に10枚の買い注文を入れても良いけど、自信がないなら5枚ずつ2回に分けて注文を入れてみてもいいんじゃないかな。

最初の5枚で成功したら、そのまま5枚で利食いして、失敗したら次の5枚をナンピンして合計10枚にする。そんなやり方もあると思うよ。もともと自分の標準を10枚と考えていれば、ナンピンして10枚になっても、決してそれは失敗したことにはならないしね。

B君: あ〜、そういえば、僕の知り合いにやたらと売買回数の多い人がいるんだけど、分割注文だったのかも。

先生: 確かにスキャルピングでものすごい回数の売買を繰り返す人もいるけど、分割して注文を出している人の売買回数も増えるだろうね。

先生: それじゃあ、先生の華麗なる分割注文テクニックを見せてあげるとするか。最近、失敗ばかりで面目ないからな〜。今日こそは汚名挽回だ。

よし、ここで15枚の買い!

A君: 先生、15枚とはまた中途半端なような・・・。何か意味でもあるのでしょうか?

先生: まあ、いいから見ていたまえ。

B君: 先生、ずばり成功しましたね。今、10pips上昇しています。

先生: よし、それじゃあ、ここで利食いだな。5枚ずつ3回に分けて分割決済! カチャ! カチャ! カチャ!


先生: 10pips×3回成功。今日の私の成績は、30pipsだね。A君、あとでブログに、先生は30pips取ったって書いておいてね。

A君: え? 先生、10pipsですよ。15枚で10pips。5枚ずつ3回に分けただけじゃないですか。それに、3回に分けて決済する必要ないじゃないですか。せんせ〜い!

先生: ・・・・


 スパルタFX教室 〜投資家心理編〜







このエントリーをはてなブックマークに追加


 トレード教室 FX初心者講座

ズッコケFX教室 1 ローソク足編
ズッコケFX教室 2 トレンドライン編
ズッコケFX教室 3 ナンピン編
ズッコケFX教室 4 分割注文編

スパルタFX教室 1 投資家心理を読む 〜 トレンドライン VS 移動平均線 〜/チャネルライン
スパルタFX教室 2 トレンド転換 〜 ネックライン・ダブルボトム 〜/宝くじ投資法

移動平均線の手法
トレンドラインの手法 (1)ダウ理論 (2)三尊天井

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2014 Office Jin. All Rights Reserved.