スパルタFX教室 2

前回のスパルタFX教室」では、「スキャルピングしかできない」と生徒に馬鹿にされた「鬼先生」。
しかし、その雪辱を果たすべく、再び「スパルタFX教室」に帰って来た。今度こそ期待を裏切らない授業をしてくれるはずだ。さあ、あなたもA君、B君と一緒に「鬼先生」の指導を受けてみよう。


トレンド転換

鬼先生: 私も随分となめられたものだ。しかし、A君、B君。今日こそは、先生の本当の実力を見せてやろうじゃないか。

A君: お願いします!

B君(どうせ期待はずれなんだろうなあ)

鬼先生: それじゃあ、下のチャートを見てごらん。これは、ある日のユーロ・ドル、1時間足のローソク足チャート。青い線は25本移動平均線、黄色い線は75本移動平均線だよ。

さて、君達。ここからチャートは上か? それとも下か?


(ユーロドル/1時間足チャート、青色25本MA、黄色75本MA)


A君: 僕は、上だと思います。つまり、買いです。

B君: A君が上にするなら、それじゃあ、僕は下にする。ここは、売り!

鬼先生: こら、お前達! 前回の授業と全く同じ流れじゃないか!

: はい。でも、何度もA君、B君の会話を創作するのも大変なんです。

A君: あれ? B君、今何か言った?

B君: いや、何も言ってないよ。

鬼先生: それじゃあ、まずはA君から理由を説明してもらおうかな。

A君: はい。このチャートを見たところ、上から結構下落して来たと思うんです。それで、もうこの局面になると、だらだらと横に動いていますし、下げ止まっている感じが強くします。

だから、そろそろこのもみ合いから抜け出して、上に行くように思うのです。

B君: A君は、相変わらずいつも逆張り目線だなあ。「下がったら買い」ばかりじゃないか。それじゃあ、だめだよ。次の図を見てごらんよ。



B君: こういうトレンドラインが引けるだろ? 前回の授業で教わったのに、もう忘れたのかよ。ここは思い切って「売り」だよ。

A君: B君は頭が固いな〜。そんなこと言ったって、ずっとトレンドラインで反発するわけないじゃんか。相場はどこかで反転してトレンドラインを抜けて行くんだよ?

鬼先生: それじゃあ、答えを見てみようか。



鬼先生: 答えは、上。「買い」が正解。今回は、A君の勝ちみたいだね。

A君: やったー、どんなもんだ〜い!

B君: そころで、先生? 今回は、どうして上に行ったのでしょうか?

鬼先生: う〜ん。そんなこと俺に聞くなよ〜。わかるわけないだろ。雰囲気だよ雰囲気。

B君: ドテッ

鬼先生: まあ、強いて言えば、A君みたいに考える人が大勢いたっていうことかな。それで、一度トレンドラインを抜けてしまえば、今度はトレンド転換だって考える人が多いから、結局、相場はその方向に進んで行くんだよ。


鬼先生: それじゃあ、ここからが本題だ。
ここからチャートは上か? それとも下か? Pから先を予想してごらん?


A君: 僕は、上だと思います。ここは、買いです。なぜかと言うと、一度トレンドラインを抜けてトレンド転換していますし、次の図を見てもらえればわかりますが、ここにはサポートラインがあります。たぶん、このラインで反発すると思うんです。



B君: A君は、馬鹿の一つ覚えのサポートラインだな〜。それに、そのラインで反発するとは限らないでしょ。次の図を見てごらんよ。サポートラインは他にもいっぱいあるし、前回の授業で教わった「相場が目標を目指す」という考え方からすれば、もっと下のサポートラインを目指すと思うけど・・・。

この局面は、まだ下落の途中だよ。だから、僕は、ここは下、売りだと思います。





この勝負、果たしてA君の勝ちか、それともB君の勝ちか?

あなたなら、どっちを支持する?

さあ、あなたも「スパルタFX教室」の生徒になって、A君、B君と一緒に考えよう。


注意事項スパルタFX教室 参加条件

1.鬼先生のスパルタ指導は、人によっては気分を害することがあります。不快な症状が出た場合は、直ちに受講を中止してください。

2.鬼先生は架空の人物であり、鬼先生の指導に対して疑問点や異論、不満等があっても、鬼先生やサイト制作者に質問や苦情を申し述べることはできません。

3.以上の注意事項に同意された方のみ、スパルタFX教室に参加できます。



● 「スパルタFX教室に参加される方は、次の3つの中から選択してください。



A君に賛成する B君に賛成する わからない
上(買い)だと思う 下(売り)だと思う 今回は様子を見る







このエントリーをはてなブックマークに追加


 トレード教室 FX初心者講座

ズッコケFX教室 1 ローソク足編
ズッコケFX教室 2 トレンドライン編
ズッコケFX教室 3 ナンピン編
ズッコケFX教室 4 分割注文編

スパルタFX教室 1 投資家心理を読む 〜 トレンドライン VS 移動平均線 〜/チャネルライン
スパルタFX教室 2 トレンド転換 〜 ネックライン・ダブルボトム 〜/宝くじ投資法

移動平均線の手法
トレンドラインの手法 (1)ダウ理論 (2)三尊天井

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2014 Office Jin. All Rights Reserved.