FXの始め方 〜FX口座の開設から〜

FXのはじめ方は、まず、FX会社に自分の口座を開設することからスタートします。

銀行の預金口座と同じような感じです。そして、開設した自分のFX口座にお金を入金します。このお金が「証拠金」です。いわゆるFXの元手になります。

あとは、このお金で外国の通貨を買ったり売ったりして、儲けが出れば自分のFX口座のお金(証拠金)が増え、損をすればお金が減って行くわけです。
(証拠金の意味については、「FXとは」、「FXの仕組み」でご説明した通りです。)

その際、例えば、アメリカのドルなら最低1万ドルからの売買というように、FX会社が受け付ける最低の売買単位とそのために必要な最低の証拠金の額がありますから、 それに見合った金額を証拠金として預け入れる必要があります。

なお、あまりに預け入れる金額が小さいと、損失が発生した場合に、すぐに必要な証拠金の額を下回ってしまいます。 それでは、あっという間にマージンコール(追証)、強制ロスカットとなりますのでご注意ください。

口座を開設したら、FX会社のホームページにログインし、チャートソフトやFXトレードの取引ツール(注文ソフト)をパソコンにダウンロード(インストール)して設定します。

さあ、それではレバレッジを効かせてFXに挑戦です。

※ でも、その前に、デモ口座で練習した方が良いかもしれませんね。


《参考》 FX口座の開設方法


 FXはチャート分析 〜売買のタイミングはチャートを見る〜







このエントリーをはてなブックマークに追加


 FXの始め方 FXのやり方・手法・勝ち方

> FXの始め方/FX口座の開設から
> FXはチャート分析/売買の判断はチャートを見る
> FXの注文の出し方/成行・指値・スリッページ
> まずはデモ口座(デモ取引)でFXの練習

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2016 Office Jin. All Rights Reserved.