空売り・ショート・ロング

今まで、ドルを買って値上がりすれば儲かり、値下がりすれば損をするという話をしてきました。

しかし、実はFXというのは、「買う」だけでなく「売る」こともできるのです。

我々は日本人ですから「円」を持っているので「ドル」を買います。(「円」を売って「ドル」を買う。)そして、値上がりすることを期待します。 一方、このときのアメリカ人は、逆に「ドル」を売って「円」を買っています。買う人と売る人の双方がそろって売買が成立しますから、我々がドルを 買っているときは、反対にドルを売っている人がいるのです。そして、ドルを売ったアメリカ人は、日本人の側から見ると、逆に値下がりすることを期待しているのです。(アメリカ人の側から見ると値上がり)

実際には、日本人とアメリカ人が、「円」と「ドル」をお互いに売買してるわけではありませんが、我々もドルを持っていれば、当然ドルを売ることができますし、 FXの場合は、ドルを持っていなくてもドルを売ることができるのです。仕組みは簡単です。ドルを貸してもらえば良いのです。そして、ドルを売った場合、今度はそれを買い戻せば(決済すれば)、借りたドルは返済されます。

このように、FXでは、外国の通貨を「買い」でも「売り」でも取引ができます。「買い」のことを「ロング(L)」、「売り」のことを「ショート(S)」と言いますが、ドルを買ったときは値上がりすれば儲かり、ドルを売ったときは値下がりすれば儲かります。(ドルの側から見れば値上がり)

つまり、FXというのは、「買い」と「売り」を組み合わせれば、相場が値上がりしても値下がりしても、いずれの場合も儲けることができるのです。


 FXのスワップ金利(スワップポイント)とは?







このエントリーをはてなブックマークに追加


 FXの基本 FXのやり方・手法・勝ち方

> FXとは? > FXのリスク/大損
> FXの仕組み/FXで借金になるのか? > 円高・円安とは?
> FXで借金になる場合 > 空売り・ショート・ロングとは?
> FXのレバレッジとは? > FXのスワップ金利(スワップポイント)とは?
> マージンコール(追証)・ロスカットとは? > Pips(ピプス)・スプレッドとは?

サイト内検索






※「行政書士が教えるFX」は、オリジナル制作です。無断盗用によるホームページやブログの制作は、著作権侵害及び不法行為として禁止します。損害賠償請求額は、当サイトのコンテンツ使用料として、1日あたり1ページにつき1万円です。
Copyright(C) 2011-2015 Office Jin. All Rights Reserved.